コーチングって何?

コーチング

いきなりですが、皆さんはコーチングについてどの程度知っていますか?

多くの方が「教える人」と答えるのではないでしょうか。

僕が初めてコーチングという言葉を聞いたのは、マクドナルドのアルバイトマネージャーになった時でした。

正直に白状します。最初は僕も「先生とコーチは何が違うの?」ぐらいの認識でした。

しかしそこからマクドナルドのアルバイトマネージャーに昇格して、コーチングスキルはトレーニングする上でなくてはならないスキルだと痛感させられることになります。

そんなコーチングを,もっとたくさんの人に知って欲しくてこの記事を書くことにしました。

僕の知っていること分かりやすく解説します。

この記事を読めば、コーチングがのことがわかります。

それではきましょう。

目次

  • コーチングとは
  • ティーチングとの違い
  • コーチング時の注意点
  • コーチングの重要性
  • まとめ

コーチングとは

まず初めに、そもそもコーチングとは何なのか?を説明します。

コーチが相手と会話の中で質問を繰り返し、相手の中から目標達成の考え方や行動を一緒に見つけることをコーチングといいます。

コーチの役割のメインは「質問」することです。

質問を相手に質問を繰り返すことで、相手が思ってもいない気づきを引き出します。

そして相手が自分で気がつくことによって、主体性も出てくるのです。

ティーチングとの違い

例えるなら、コーチングが「問題の解き方を一緒に考える」に対し、ティーチングは「教科書の問題の解き方を教える」です。

また仕事ではまずティーチングをメインに行います。

それは仕事内容を知る必要があるからです。

アルバイトや会社で働き始めたばかりは仕事内容は把握していないですよね?

なのでティーチングをメインで行うことになります。

この時コーチングを全く必要としないわけではありませんが、多様はされません。

逆に、仕事内容にも慣れ、目標が分からなくなってきた、モチベーションが下がってきた、こんな場合にコーチングは有効になります。

どうでしょうか。

このようにコーチングとティーチングは明確に違います。

コーチング時の注意点

コーチは相手の上に立とうと思ったり、相手に下からへりくだってはいけません。

等身大の自分で相手に向き合わなければいけません。

自分なりの答えがある場合でも、その答えに誘導するのは違うとされています。

コーチは自分自身の経験から、自分なりの答えを持っているかもしれません。

しかしコーチの持っている答えが、相手に当てはまるとは限らないからです。

あくまで、質問を繰り返し、相手と一緒に考えることがコーチングには必要になります。

コーチングの重要性

社会の流れはどんどん変化しています。

大企業といわれていた会社も、年功序列を維持できなくなると宣言し、完全実力主義の社会へ突入していく流れにあります。

この先、個人の能力を育てなければ生き残れない社会になるかもしれません。

何が正解になるのかわからない社会、今ままでの方法が最善ではないかもしれない。

そんな社会に対応するためにもコーチングは身につけておいて損はない必要な重要スキルなんです。

まとめ

どうでしたか?

コーチングが何なのか、少しはわかったでしょうか?

これからコーチングを受けたり、自分自身で行ったり、もしかしたらコーチになることもあるかもしれません。

しかし、まずはコーチングが何なのか?を知ることから始まります。

コーチングスキルはこれからの社会にとって重要な存在になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました